河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」20話 2023 別マ 2月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察

河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」20話 2023 別マ 2月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察

花火が終わり、さえは浮かれ気味です。

<神城が「付き合って」って言ってくれた。「好きだ」って「付き合って」て>

 

なんだか眠れずにベッドの中で過ごしていると・・・翠ちゃんとみおちゃんから質問攻めの LINE が!

 

「神城と 付き合うことになりました」

 

翠ちゃんからは訳の分からない叫び声が LINE に!!それを「こわい」というみおちゃん。まるで翠ちゃんの顔が見えるかのようです。

 

3人で LINE をしていると、神城から「明日学校一緒に行かない?」と誘いの LINE が。

さえは高鳴る気持ちを抑え「うん」と一言返します。

 

さえ<ずっと頭がふわふわして 表情も情緒も管理できない。今日の神城の顔と 声がずっと浮かんでる 繰り返してる 耳で 目で 何回も 何回も>

 

次の日の朝。雨ですが、二人は待ち合わせの交差点から歩き出します。神城はなんだかすごく話をしてくれて

「あーごめん。俺 浮かれてる」

 

少し口元を隠しながら赤くなる神城。そんな言葉を言われ、さえも真っ赤になってしまいます。

 

「付き合うことになったことを誰かに言った?」と神城。さえはすいちゃんとみおちゃんに言ったことを打ち明けます。

神城はまだ誰にも言ってないけど、親にはバレてる・・というのです。そして自分がさえのことを好きだったことも、多分ばれていた・・というのです。

 

さえにとって、一緒に登校するというのは人生の一大イベント!学校に着き、神城は帰りも一緒に帰ろうと誘ってくれたのです

教室に入って別れた二人。すぐにすいちゃんが、さえを確保!お弁当の時に詳しく聞かせて!と言われます。

 

授業中も二人はチラチラ目が合い・・神城からピースサイン送られ思わず焦って照れてしまうさえ。それを盗み見ながらにニヤつくスイちゃんとみおちゃん。

そんな授業中の出来事を、鮎川は背中で感じているようです。

スポンサーリンク

すると優心がお昼休みに

「あのさー神城 お前は岩ちゃんと付き合ってんの?」

神城「付き合ってるよ」

 

優心は思わず「なんで?マジ?いつから?!」とざわつきます。真っ赤になるさえをスイちゃんとみおちゃんが連れ出します 。

スイちゃんも興奮ぎみにさえに質問攻め!神城も喜びを隠しきれてないと、みおちゃんから聞かされます。思わず真っ赤な顔を手で隠し、さえは死にそうです。

 

そして放課後。スイちゃんはもっと話が聞きたいのですが、部活へ行こうとするさえ。

神城も部活に行こうとすると・・鮎川が「将棋 指そう」と呼び出すのです。

 

外の雨はひどくなってきて、雷も光るほど・・

 

鮎川はあまりやり方を知らない神城に、手加減はしません。ハンデもなしと言います。すると神城の顔に将棋の入門の本を投げつけるのです。

 

鮎川「俺 聞いたよね、お前に。友達なのかって。すごく悔しいんだけど。」

将棋を指しながら「いつから好きだったの?昨日とかじゃないだろ」

スポンサーリンク

神城は小学校の頃から、さえとの出来事を家に帰って話をしていました。小学校の時はチビだった神城。大きな荷物も軽々運ぶさえに、自分がチビだと思い知ります。

 

友達が喧嘩を始めると、すっと友達の間に入る神城とさえ。体が大きいさえのことをからかわれると、ムッとしてしまう神城。

 

テストの丸つけを隣の席と交換するとき。二人は隣同士でした。さえの読みやすい字、正解ばっかりなさえに、すごいな〜と思うのです。

 

読めない本読みのときも、隣でさえが教えてくれました。それを先生に「教えたら相手の為にならない」と怒られてしまうさえ。

あとで神城が謝りに行くと、さえはニッコリと微笑んでくれたのです。

 

ドッチボールの時も神城は逃げてばかり。神城の前に来たボールを、さえが入り込んで受け止めてくれたのです。さえの勢いに思わず、ラインを越えて出てしまった神城。周りから弱い〜と馬鹿にされます。

 

思わずさえもその後はしょんぼり。神城はそんなさえに、たこ焼きをあげようと差し出すと・・さえからもたこ焼きを差し出されます。ふたりは交換し、さえはとっても嬉しそう。そのたこ焼きを一番最後に食べるというさえの笑顔

そんなさえのことが、気になる神城。

 

小学校も高学年になると、男同士で好きな子の話に。好きなやついるのか??と周りが話をしていると・・神城の頭にはさえの笑顔が浮かぶのです。

そしてさえから、お母さんと作ったというクッキーをもらいすごく嬉しい神城。そんな手作りのクッキーを並べて見ていると、さえの顔が浮かびます。そこへお兄ちゃんがやってきて一つ食べてしまい、大喧嘩に・・

 

「いつから好きなの?」

 

そして小学校の卒業式。女子は着物と袴でいつもと違った雰囲気。さえの笑顔も目から離れません。まだまだ身体が小さかった神城。中学の制服は大きめのダブダブを購入。

友達からも「中学で背 伸びんかったらやばいな!!制服ずっとダブダブ!!」

 

そんな話をしていた小学校の卒業式。

<俺たちは中学で、初めてクラスが離れることになる>

 

次回も神白からの目線で語られる二人の物語。中学編でしょうか〜次回も両思いになった二人と鮎川と男の対決!そして神城目線の話もとても楽しみですね 〜次回もお楽しみに〜

—–河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」21話 2023 別マ 3月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察へ——–

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ