河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」33話 2024 別マ 3月号 あらすじ・ネタバレ・感想

河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」33話 2024 別マ 3月号 あらすじ・ネタバレ・感想

2年 C組になり、4人は出席番号順でも近く 懐かしい 机の並びに。

 

 4月の記憶は神城の記憶のさえ。 まず自己紹介を・・ と言われ女子で一番のさえから始まります。クラスは自己紹介だけで盛り上がるようなクラス。

 

 神城の自己紹介の時には、女子が注目します。 モテていることを改めて実感する さえ。

 

 1年生や新しいクラスの女子たちも、みんな神城のことをよく知っている様子 。元同じクラスの子たちも、さえと神城がクラスが離れなかったことを不思議がります。

「岩ちゃんと神城、悪いことしなさそうだもんね。信用かな?!」

 

クラスに戻ると 女子たちに囲まれる神城を見かけます。

どうやらクラスで LINE を作るから〜と IDを聞かれていたというのです。

 

さえ< そういう話してたんだ。 中学の時もよく 囲まれてたよね、キラキラ女子に。神城ってそうだった>

 

 そして 放課後。サッカー部のマネージャー 希望の1年生がずらりと 勢揃い 。さえから見て、全員が 神城目当てなんじゃないか??と思ってしまうのです。

 

 さえは神城は自分はモテてるなーとか思わないのかな・・ 周りの子はかわいいと思ったりしないのかな・・といろんなことが気になる様子。

そんな さえですが 神城はいつもと変わりません。

 

 放課後 。神城とさえが一緒に帰っていると、遠くの方で1年生の女子が神城のことを気にしている様子 。さえのことを彼女なのかな? ただの友達なのかな? なんて会話が聞こえてくると・・

神城「なんだよ。 彼女だって言ってこようかな」

 

さえ< 神城はこういう時 そんな風に言ってくれるんだ。 同じクラスで嬉しいな>

 

 そして ホームルームでは学級委員を男女 1名ずつ決めることに。担任から鮎川にやってくれ〜と言われます。スイちゃんの目が光りますが・・

スイちゃんが立候補しようとすると・・もう一人女子が手をあげるのです。 じゃんけんの結果 学級委員は鮎川と七海さんに決定。

 

 すると 放課後、キラキラ女子3人組が、さえ ・すいちゃん ・みおちゃんにカラオケの無料券があるから〜と誘ってくるのです。

神城は行っておいで〜というような、ジェスチャーをくれたので行くことに。

 

しばらく 歌を歌い仲良くなれるかも・・と思った時

「岩ちゃん達って A 組だよね 。 神城って1年時どんな感じだったの?」

 

 やっぱり 神城のことを知りたかったようです。 彼女がいるのかなーとか、かっこいいなぁ なんて話をされ・・

さえ< そっか 同じクラスになったのは 先生も誰も付き合っていると思っていなかったっていう・・・・私と神城>

 

 すると スイちゃんが 「彼女 ッ!」そう言って、さえが彼女だと堂々と言ってくれたのです。

 

 何だか気まずい間がありましたが

「 ごめんごめん。 彼女いるのに知らなかった。 うちちょっとはしゃいだだけだから・・」

なんて言われるのです。

 

 何だか仲良くなれそうだったのに・・ 3人と 解散した後 スイちゃんは さえにもう一度 釘を刺すのです。

 

 スイ「岩ちゃん どう思った? 神城 狙われてるよ。 岩ちゃん いるのに 諦めてなくない?」

さえはまだどんな人かわからないし・・とは言いますが。

 

みお「 モテる彼氏は大変だね」

さえ< モテなくてよかったんだけどな>

 

スイ「岩ちゃん 私達 負けないよ!! ガチで戦おうね!! どんな人でも、押しの強い人来ても !!」

そんな話をしていると みおちゃんも「好きな人がほしい」と言い出します。

 

そんな話をしていると さえに神城からLINE が。少しだけ会うことになり、さえは走って 神城の元へ向かいます。

 

さえ< ずっと自慢で ずっと大事にしたい、大好きな男の子。 私の中でずっと光る星>

 

 また別の放課後。 サッカー部のマネージャーが2人に決まったと言います。 そのうちの1人の可愛いマネージャーが

「光輝さん 私のこと覚えてませんか? サッカースクールで一緒だった千里です。 コンタクトにしたんですよ」

 

 なんて話しかけられますが。 正直に覚えていないという神城。そして彼女がいますか ?と聞かれると

「いるよ」

 神城はきちんと答えます。

 

「 分かりました。 私 マネージャーだったんです !!頑張りますね!!光輝さん! 試合は最後の笛が鳴るまで分かりませんよね!」

 さりげなくアピールする1年生 マネージャー。

 

 そんな様子をさえはフェンス越しに聞いてしまいますが 、それでも「負けない」と思うのです。

 

 七海が 鮎川に話しかけます。 鮎川 が入試で1位だったと知り、なんと1点差で2位だった七海はどんな人か話をしてみたかった・・というのです。

 

  鮎川「この学校 個人情報 筒抜けだな」

七海「小野寺さんには悪いことしちゃったね。 やりたそうだったのに」

 

鮎川「仕方ないんじゃない。 じゃんけんだし」

七海「 そうね よろしくね」2人は握手を交わします。

 

 廊下の角ではスイちゃんが 、鮎川に勉強を聞こうと付箋を貼ったノートを握りしめ そんな様子を見かけてしまいます。

 

スイ< 負けない>

 

 2年生も同じクラスになった4人ですが、クラスの雰囲気も1年生とはだいぶ違う様子 。すいちゃんにもついに、ライバルが登場か??なんとなんと次号はお休みなので、次回は5月号に登場予定です!

———河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」34話 2024 別マ 5月号 あらすじ・ネタバレ・感想へ———

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ