河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」12話 2022別 マ6月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察

河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」12話 2022別 マ6月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察

<神城と映画とかやっぱりちょっと 夢みたい>

朝いちの回に間に合った二人。端っこの席を取りましたが、後ろには小さな子供がいたため座高を下げるさえ。すると神城もそれに合わせ、映画が始まります。

 

さえ<奥に座ればよかったな。ここだと画面斜めになって神城が観れない・・映画観よう>そう思いながらも映画に集中しようとします。

映画の怖いシーンで思わずビクッとしてしまったさえ。神城もそのようです。すると神城が小声で「ごめん。今 蹴らなかった?」と耳元で小声で話をしてくれたのです。

 

さえ<そうか。映画館で話そうとしたら、こうしないと。神城わりと平気で近い。なのに、何でさっきは赤くなったのかな>

 

痛そうなシーンでは神城のことが気になり、横を向くとなんだか目があったような気がします。そして映画は終わり ・・「To Be Continued 」と出たのです。まさかまた続くとは・・

 

その後二人はご飯を食べて、ちょっとぶらぶらしたりしようと神城か提案してくれました。まだ一緒にいられることに嬉しく思うさえ。

スポンサーリンク

選んだお店の料理はとてもおいしく、話題は映画のことに。

話をしながら、神城が自分の料理を一口くれるというのです。もちろん口はつけていません。

さえも真っ赤になりながら、自分の料理も一口。<友達だから普通なのかな>と思うさえ。

 

すると中学時代の友達に遭遇します。向こうはきっとなんて二人は一緒なんだろう?と思っている様子。少し世間話をして、二人は去っていきました。

 

そこから飲んでいた炭酸きっかけで、小学校や中学校の話を沢山するのです。

二人が覚えていること、さえだけが覚えていること、神城だけが覚えていること・・神城に今年で10年目なんだから、俺ら長いよね〜と言われるのです。

 

さえ<今日1日で中学の時の100倍ぐらい話をした。ぽっかり抜けてた中学の3年が埋まったような感じがする。1日神城といて、楽しかった。すごく。ずっと楽しかった>

 

神城がトイレの時に、さえは男の子二人に声をかけられます。それは道を聞かれているだけだったのですが・・その様子を見た神城が「一緒に来てるんですけど」

そう言って男性二人の前に、割り込んでくれたのです。

 

後で勘違いだと分かり

神城「・・・ごめん、勘違い。もうちょっと考えてから動くようにしたい・・」

さえ「え でも助けてくれたんだよね。ありがとう」

 

神城が女の子扱いをしてくれるので嬉しくなってしまうが、調子に乗らないようにしようと思うさえ。

スポンサーリンク

このナンパの勘違いからさえは「一度もナンパされたことがないよ・・神城は・・あったよね・・」

 

神城「いや・・でも断ったよ。好きな子いたしさ・・好きとか言われたこともないよ。

彼女いるのかとか、付き合ったりしないかとかみたいな・・・よく知らない女子だったし、全然わからないかんじで・・そういうのがちょっとあったくらいだよ!!

だからきっと岩田が思うような感じじゃないよ。中学の時の俺は。

はっきり言うけど、小学生じゃなく男として見てほしい」

 

さえ<言葉の意味を 表情の意味を 考えてしまうのは 私が神城を好きだからで。

でももしかしたら 遠くで光る星じゃなくても 神様は見てくれているのかなって。そうだったら すごくいいなって。嬉しいいって心が言う>

 

なんだかんだでもう夜の7時。門限を気にする神城。さえは家に連絡をするといいます。

 

神城「あー今日もう終わりか・・」

さえ「神城!今日楽しかったすごく。また遊びたい」

 

さえがそういうと神城は笑顔で

「俺ら、続編も見ないと!!」

 

さえ<一緒にいて楽しいって言った。かっこいいって言った。私が神城に言ってないのは、ひとつだけ。神城好きだってことだけ>

 

翠ちゃんと香川さんは、二人で女子会中。学祭の話題です。学祭の準備期間中にさえと神城が近づくように仕掛けない・・という翠ちゃんですが

香川「なるほど。私が翠さんが何もしないように見張ることにする」

翠「えっ余計!?ひど!!」

 

とてもいい感じの映画デートだったのではないでしょうか。神城の反応を見ているとなんださえにも好意は持っていますよね〜でも好きな人がいるという神城に、さえはいつどのように想いを届けるのでしょうか??次回もお楽しみに 〜

——–河原和音 新連載「太陽よりも眩しい星」13話 2022 別マ 7月号 あらすじ・ネタバレ・感想・考察へ———-

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ