咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」24話 別マ 2月号2023 あらすじ・ネタバレ・考察・感想

咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」24話 別マ 2月号2023 あらすじ・ネタバレ・考察・感想

咲<たぶんこわかった。陽希が自分でも気づいてない気持ちに、辿り着いてしまいそうで。

本当は今日 全部確かめるつもりだったのに。陽希が葉月ちゃんへの思いを閉じ込めてるとしたら。

そのことを 陽希自身が無自覚なら・・>

 

咲の頭はごちゃごちゃして整理がつきません。だから今日バイトに入ることになって良かったかもしれない・・なんて思ってしまうのです。

 

一方井竜のスマホには、バイト先から連絡が。「無事に代わりの人が見つかったのでしっかり体を休めて」というメッセージ。

 

井竜は本当に熱を出してしまったのです。こんなギリギリに見つかったということは、もしかして藤ヶ谷さん??7そんなわけない・・今は桜弟といるんだし・・なんて熱にうなされながら、咲のことを考えるのです。

 

バイト帰りの咲は、陽希と葉月ちゃんのことを考えてしまいます。なかなか不安を消す方法はないかな・・と思っていると。思わず大ちゃんの塾の前を通ることに。すると奇跡的に大ちゃんと出会うのです。

スポンサーリンク

咲は文化祭のお礼を言い、本題を切り出します。陽希と葉月ちゃんのこと・・

大ちゃんは咲の思考回路に、そこまで分かるのかと焦っている様子。

 

咲「文化祭での陽希の態度がいつもと違い過ぎて。葉月ちゃんと何かある気がするんだけど。

葉月ちゃんのこと好きだったの?

頼まれてたのに亮介さんに渡せなかった手紙があって、その差出人が葉月ちゃんというのも陽希から聞いている。

亮介さんに似てきたって言われて、ああいう反応したってことは・・陽希は今も傷ついたままなのかなって・・」

 

そして大ちゃんは中学の体育祭の時の話をしてくれたのです。

葉月はその頃から亮介の事が好きで。

熱中症気味だった体育祭でも、亮介のリレーを見たいからと我慢して日陰で少し休むことに。その木陰でが女の子と手をつないでいる亮介を見かけてしまったのです。

 

それを見た瞬間、葉月ちゃんは倒れてしまったのです。保健室で目を覚まし、大ちゃんと話しているもうひとりの影・・カーテンを開け、そこにいたのは陽希の姿。

 

葉月「・・なんだ 陽くんか・・」

そんなしょんぼりした葉月ちゃんの姿。

 

あの時 亮介が一緒にいたのは付き合い始めたばかりの彼女だと知って、葉月は手紙を渡してくれなかった陽希のことをすごく責めたというのです。

 

大「陽くんはいつも亮介くんと比べられるのは、慣れてるから平気って。でもそれは本音だったのかな。

本当は一番言われたくないことを、一番言われたくない人に言われたから。ずっと傷ついたままなんじゃないかなって」

 

大ちゃんは葉月ちゃんには絶対、陽希のような人が合っているのに・・なんて言うのです。そんな言葉に咲の心は痛みます。

 

今も葉月ちゃんは亮介さんのことが好きなんだよね??と尋ねる咲に

大「どうかな。亮介くんへの気持ちは、憧れの延長みたいなもんだと 俺は踏んでんだよね」

スポンサーリンク

大ちゃんに会って不安が消えなかった咲。陽希はいつか自分の本心に気づくのか・・そんなことを思っていると陽希から LINE が。

 

「バイト大丈夫だった?」「まだちゃんと話せてなかったから都合のいい時を教えて」「話の内容は想像ついてると思うけど」

咲はすぐに返事を返しませんでした。陽希の質問は避け、当たり障りのない返信。

 

次の日から学校に行っても、咲は陽希とどう向き合っていいのか分かりません。なるべく陽希と話をしないで済むような行動をとるのです。

そんな咲に話しかけるスキがないと、陽希は動きます。しかし咲に用事があると、断られてしまいます。避けられているのかな・・と薄々感じる陽希。

 

そして咲が向かった先は、井竜のクラス。今日は休んでいる・・明日渡しておくよ・・と言われ、友達に借りていたスウェットお渡します。

 

咲「てか、井竜くん まだ具合悪いんだ・・どうしよう私のせいだ」

友達はそこまで気にしなくていいんじゃ・・と落ち込む咲に声をかけます。そしてハッとする友達。

 

放課後になり、陽希は咲を誘います。でも今日は空いていない・・と断る咲。

 

陽希「いつなら話せる?」

咲「しばらくはちょっと忙しくて、だから分からない・・」

<陽希からの話が 告白だったらいいって 何度も思った はずなのに>

 

陽希「そっか わかった」

 

そして家で休む井竜。和菓子やさんのお店から「コンコン・・」と誰かが訪ねてきた様子。扉を開けてみると・・なんとそこには咲の姿が・・

 

駅から改札口へ降りる陽希。目の前には葉月ちゃんが待っていたのです。

 

なんだかすれ違ってしまってますよね〜陽希は薄々自分の気持ちが伝わりかけているのではないか?と思っていますが。咲はますます悪い方へと考えてしまっています。

このタイミングで二人は、井竜と。葉月ちゃんと。どんな会話をするのでしょうか??次回も目が離せません!

——咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」25話 別マ 3月号2023 あらすじ・ネタバレ・考察・感想へ——

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ