咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」22話 別マ 12月号2022 あらすじ・ネタバレ・考察・感想

咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」22話 別マ 12月号2022 あらすじ・ネタバレ・考察・感想

咲<陽希のわだかまりを残したような、葉月ちゃんへの態度。

そのわだかまりの正体は> 「好きって気持ちなんじゃないかなって・・・」

 

琴乃「何でそう思ったの?陽希がそう言ったの?」

咲「な・・なんとなく・・カン?」

 

結局は陽希に聞いてみないと分からないよね・・という咲。もう学祭が終わる時間が近づいています。

 

だいちゃんと葉月は、時間だからそろそろ帰ると言います。すると・・・かなり遅れて亮介がやってきたのです。葉月は思わず亮介に走りよります。

亮介と話をする葉月ちゃん。それをチラ見する陽希の態度・・それを咲が見つめます。やっぱり葉月ちゃんのこと・・?

 

亮介と咲は、この後バイトで会うといいます。さっき直前に病欠の人の代わりに出てほしいとバイト先から LINE があり、代わることにしたと言う咲。

学祭の後は、打ち上げがありみんなで行く予定だったのですが・・

 

咲「私も打ち上げ楽しみだったけど、代わりが見つからなくて困ってるみたいだったから」

陽希「打ち上げの時 話したいことあったんだけど」

 

咲「え?私?何話って?」

陽希「今ここで話すようなことじゃないから・・」

 

だいちゃんと葉月と亮介は、この後3人でお茶をするといいます。帰りかけた葉月が咲のもとへ近寄ります。

今日のお礼を言い、そして LINE を交換しようと言われるのです。

スポンサーリンク

学祭も終わり、片付けを始めます。

陽希は美斗士とゴミを捨てに向かいます。その途中、井竜とすれ違いますが・・ますます二人の関係は悪化しているように見えます。

 

美斗士「なんでそんなに井竜にピリピリしてんの?別にもう咲にあたり強くないじゃん。むしろの仲良くなってんじゃん」

陽希「だから余計ムカつく」

 

美斗士「え・・どういう・・

えっ もしかして陽希って・・咲のこと・・?」

 

陽希「まあ そーね」

美斗士「えっ じゃあ・・・」<お前ら両思いじゃん!!>

 

美斗士の頭には、琴乃の落ち込む姿が浮かびます。

 

片付けも終わり、咲はバイトへと向かいます。みんな咲と一緒に打ち上げができないことを、残念がります。

咲「私のことは気にしないで。みんなで楽しんで。

大丈夫!私は井竜くんとでもプチ打ち上げするから。じゃーねー」

 

そんな言葉に、陽希は参ってしまいます。

 

下駄箱で咲は、陽希のことが気になってしまいます。陽希の話したいことは何だったんだろう・・そう思っていると・・

陽希が追いかけてきてくれたのです。

 

陽希「明日の代休さ。俺とプラネタリウム行かない?藤ヶ谷行きたがってたでしょ?ちょうど話したいこともあるし」

思わずドキドキしてしまう咲。

<私も 葉月ちゃんのことや キスのやり直しのことを確かめたい。

今 誘われてる理由も それも全部明日わかる?>

 

陽希「どうかな?」

咲「うん・・」

スポンサーリンク

美斗士は元気のない琴乃を気遣います。咲が来ないからでしょ〜と言われますが

琴乃「それももちろんあるけど。自分が本当は嫌な奴って分かっちゃったから」

美斗士「どゆこと?」

 

琴乃「・・・咲が『陽希はもしかしたら、葉月ちゃんが好きなのかも』って。私それ聞いた時、

そうだったらいいのにって思っちゃった。例えそうだとしても、さくが私を好きになるわけじゃないのに」

 

美斗士「それのどこがやな奴なの?

そう思わない奴の方が、逆に胡散臭くて 俺はやだね」

<俺だって 琴乃が悲しい思いをするのを 1秒でも遅らせたいんだよ>

 

バイト上がりの井竜は、咲を待っています。そんな井竜を見て亮介は不思議がります。「井竜ってそういうキャラだったっけ?」

井竜「違いますね」

 

するとそこにバイト上がりの咲がやってきました。

咲は井竜をプチ打ち上げに誘ったのです。しかも井竜がこの誘いに乗ってくれるなんて、思わなかったから嬉しいという咲。

 

井竜「藤ヶ谷さんからの誘いだったから、乗ったんだよ」

咲「! だよねっ。クラスの打ち上げに参加できない寂しさは、当事者にしかわからないもんね」

 

井竜<ちげぇよ。マジでアホだな。俺の神様は>

 

二人はコンビニでお菓子やアイスをたくさん買い、打ち上げをします。咲は何を血迷ったのか・・この寒空の中、ハーゲンダッツのアイスと冷たい飲み物をチョイス。アイスを食べて気が付くのです。この時期の夜は寒いことに・・ガタガタ震える咲。

 

すると・・井竜が着ていたトレーナーを、咲に被せてくれたのです。

咲「え・・いいの?井竜くん 寒くないの?」

 

井竜「は?寒いよ」 咲「だよねっ。ごめん、帰ろう」

 

井竜「やだ」

咲<そんなに打ち合わせしたかったのかな>

「本当は私もまだ帰りたくない。一人でいると考えても、仕方ないこと考えちゃうから」

 

井竜はどうせ桜弟のことでしょ??と話を聞きます。

 

咲「・・陽希には 好きな人がいるかもしれないんだけど、その人は陽希の幼馴染の子で」

井竜<はい 外れー>

 

咲「それなのに 明日一緒に出かけようて誘われて。

陽希がどういうつもりで誘っているのかわかんなくて。それを明日ちゃんと聞いてみるまで、考えても仕方ないのに。

でもきっと考えちゃいそうで」

 

井竜「何 俺 今使われてんの?」

 

咲「そ そ そういうつもりじゃ・・」

井竜「じゃあ 何?」

 

さく「ごめん。半分そうかも・・

うんっ やっぱり帰ろう」

 

立ち上がる咲の腕を、井竜が引っ張ります。

井竜「やだって 言ってんじゃん。

帰りたくないって 言ったくせに」

 

なんと井竜が!!後ろから咲を抱きしめるのです。

 

咲から明日の陽希の話を聞いた井竜は、もしかして先に行動に出るのではないでしょうか??葉月と陽希の関係も気にはなりますが・・今は井竜と咲から目が離せません!!次回もお楽しみに〜

——-咲坂伊緒 新連載「サクラ、サク。」23話 別マ 1月号2023 あらすじ・ネタバレ・考察・感想へ——-

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ