「君に届け」番外編「運命の人」 胡桃沢梅編 別マネタバレ8月号2019 感想 考察

「君に届け」番外編「運命の人」 胡桃沢梅編 別マネタバレ8月号2019 感想 考察

赤星(えーじ)です。・・・思ってた以上にオレは 梅がかわいい

 

えーじお兄ちゃんと梅(くるみちゃん)はお茶デートの最中。爽子は帰省中で風早と過ごしています。それでも梅のことがとっても気になる様子。

 

梅<爽子ちゃん。私帰ってません。約束してたわけじゃないんだけど、自然と一緒に晩ごはんしています。

なんてことない話でよくて、なんてことないごはんでよくて。どうしよう爽子ちゃん 別れがたいです>

 

とても帰るのが名残おしい梅。

えーじお兄ちゃんが「やっぱあったかいコーヒー飲みたい。もうちょい付き合って」と言われると「いいよ!?そういう事なら!うん!」と思わず力んでしまう梅。

スポンサーリンク

梅<爽子ちゃん・・こういう時どうしてた?・・そういうことを超えてきたのかな・・・

気になる 優しい 一緒にいたい 私はえーじお兄ちゃんがすきなのかしら>

 

梅はえーじお兄ちゃんが「試しに付き合ってみ?」って意味で言ったことはわかっている・・別に好きとかじゃなく、軽い気持ちなのも分かっている・・と自分に言い聞かせます。

 

梅「あのさ!!どうして付き合うかって言っ?どうして私だった??」

 

えーじ「本日2度目の!何 そこ気になるの」

梅は自分が納得いくまで、安心する説明がほしいと思っています。

 

えーじ「だからつまりさ・・・なんだろうな性(さが)?かな・・・」

 

梅「サガ!?何なんか そういう変態ってこと!?」

えーじ「いやだからつまり 俺以外の誰かに夢中なやつのことを・・・・いや違うなこれ。何でもねーわ」

 

梅「あ・・あのさ・・・・前に「振られるの慣れてるし」って言ってたよね・・その相手?今のサガの。誰かに夢中な 自分を守らない・・」

 

えーじ「聞きたい?そんなの。オレは割と言いたくねーな。

今口説いてる子に、過去の恋愛話とかさ」

 

梅はめちゃくちゃ気になりながらも「別に全然気にならないからいいけど!!」

と強がって、えーじお兄ちゃんと別れてしまいます。

 

梅<しまった失敗した!安心したかったの・・・・!に逆に不安になるやつだったこれーーー!爽子ちゃんーーー!!

大丈夫 大丈夫・・ 好きとかじゃない・・えーじ兄ちゃんもそうだし、私だって・・>

スポンサーリンク

梅はコンビニでアイスを買って帰ろうとしますが・・・・なんとそのコンビニの中にあのコンパで爽子にしつこかった、白装束の男がいることに気がつきます。

 

身の危険を感じた梅は、急いでえーじ兄ちゃんに連絡を取ろうとしますが、動揺しすぎてスマホを落としてしまいます。

梅<わ・・おちつけーーー!やばい この間の昼だったから。夜の方が怖い。

見つかってつけられて、家とバレたらどうしよう。家が見つかったら、爽子ちゃんちだってばれるかも! やだやだ一人で家帰りたくない!>

 

そんな時、えーじ兄ちゃんの「呼べよ。守るから」という言葉が浮かび、梅は電話をかけることに。

状況を説明して、梅は近くのファミレスに逃げ込んで様子を見ると言います。

 

えーじ「梅は?梅は大丈夫なのかよ。そこ人気あんの?

そのファミレスまでは大丈夫なのかよ。気をつけろよ。何かあったらすぐ連絡して。オレも後でまた連絡する」

 

白装束はとってもしつこく、長い間コンビニで待っている様子。そんな白装束のしつこさに、自分とどっこいどっこいじゃないかなって思ってしまう梅。

 

梅<なんで素直に言わないかな・・・・「今すぐ来て」って言えばよかったのに・・・・

誰かに何かを求めたくない。でもいつも求めてしまう。

私はえーじお兄ちゃんに、何を求めているのかしら。返せる何かも特にないのに。

 

私のことを認めてくれる 誰かが欲しいだけなのかしら。

私でも大丈夫な理由や答えがほしいのかしら。

また私は ・・人を利用しているのかしら。だって今も私は えーじお兄ちゃんを・・・・>

 

と思っていると・・・・向かいのコンビニに白装束の姿がありません。

と同時になんと!!ファミレスの中に入ってきて、梅の横にすごい勢いで座ってくるのです。

 

爽子は帰省中だと説明すると・・・・なんとこの男!!今日は梅に会いに来た!というのです。

どうやら梅が自分に気があるのだと、勘違いをしている様子。

勝手に隣に座ってグイグイ近づいてきて、勝手にスマホのチェックを始めたのです 。

 

その時、えーじお兄ちゃんから何度も LINE と電話がかかってきていました。そしてこの男、えーじお兄ちゃんと爽子の悪口を言い始めるのです。そして連絡先を消去しようとまでします。

 

梅「ふざけんなーーーー!!!黙って聞いてればさっきからーーーーーー!!!あんたに二人の何がわかるのよ。」

<・・違うわ!!やっぱ私こんなやつと一緒じゃないわ!!だって私 二人の優しさ分かるもん。本音で接してくれてるの わかるもん。

爽子ちゃんがいなかった場合の私は・・・どこにもいないのよ・・・そっか私「今の梅」だったんだわ・・・>

 

涙を流す梅に、白装束がますます近づいてきます。

その時に白装束を蹴飛ばす、大きな音が・・・!!なんとえーじと兄ちゃんがやってきてくれたのです。

すぐに白装束を撃退してくれ「二度と梅に近づくなよ、てめえ・・・・・」と思いっきり圧をかけてくれました。

 

ファミレスは出てから、梅はボロボロと涙が流します。

 

えーじ「・・・・ごめんな梅・・・久しぶりに焦った。だから「すぐ向かう」って電話で言いそびれてよ。・・怖い思いさせたな ごめんな?」

 

梅「ち・・違うの・・・私 試したの。

あんな事言って、ほんとは来てほしかったの。ほんとは飛んできてほしかったの。

「大丈夫」って言っても、それでも来てほしいって。

私いつも最低なの。人の気持ち試すの。いつも不安なの、これで大丈夫か不安なの。だけどやっぱりもう 嘘をつきたくないから。・・・・試してごめんなさい。

次はちゃんと助けてって言うから・・・そしたら飛んできてほしいの。かけつけてほしいの・・・こわかったよーお願い 今日帰られないでほしいの・・・」

 

ボロボロ泣きながら話す梅を、両手で包み込み

 

えーじ「梅!へたくそ!試したの?それでも全然いーけど。

オレは呼ばれたと思って来たけどね。試そうが利用しようが、したいならすればいいし。正直そこはどうでもいーわ。

梅が俺と一緒にいたいなら ましで帰んえねーからね」

 

梅「え!?ーやだ・・・どーしよう・・・」

えーじ「考え直します?」

梅「や・・やだ こわい 帰んないで~~」

 

えーじ<いやもうこんなもん 出会うべくして出会ってんだろ?

梅がかわいすぎてさ 自分でも結構びっくりしてんだよ>

 

梅とえーじお兄ちゃん、やっぱりお似合いですね~次回は11月号に掲載予定です!!

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ