パーフェクトワールド 最新 漫画 ネタバレ57話(KISS 2020年12月号)あらすじ・感想・考察

パーフェクトワールド 最新 漫画 ネタバレ57話(KISS 2020年12月号)あらすじ・感想・考察

つぐみたち家族は今年も、圭吾さんの家で花火を楽しみます。家族みんなで泊まる事になった今年の夏、楓さんが亡くなって3回目のお盆です。

 

つぐみ<楓さんが永遠の眠りについたのは3年前の秋の日だった。圭吾さんがどんな思いで悲しみを乗り越えようとしているのか、私たちには到底思いを呼ぶものではなかった>

 

圭吾は今のお店で、楽しく仕事を続けているといいます。

「今の店の仕事は続けていて、ここを店にするのはやめようと思うんだ。」

圭吾はこの家はこのまま、現状維持で残そうと思うと言うのです。

 

圭吾「店長もお客さんも友達も、みんな気遣ってくれてありがたい。楓は愛されていたんだなって思う。だから医者が予想してたよりずっと、長い時間を生きられたんだと思う。

家を建てて 一緒に暮らして 就活した。幸せだった。

もう俺はこれで十分なんだよ。後悔は何もないから。現状に感謝して暮らしていきたい。だから俺のことは心配しないで」

スポンサーリンク

つぐみは圭吾の決断に何かモヤモヤしたものを感じ、眠りにつく前に樹に話をします。樹は途中で考えが変わることはよくあること・・と言います。そんな中つぐみは、楓さんの夢を見るのです。

 

途中で目が覚めたつぐみが圭吾の家の中を歩いていると・・・ウッドデッキで花火をしている楓を見かけます。帰って来てくれたんだ・・と思うつぐみ。すると

 

楓「あの人嘘ばっかり。本当の事何一つ話してない。こんなこといつまで続くんだろう。早く気づいてほしいのに。

圭ちゃんはあの日から心を閉ざしてしまった。以前と何も変わらなかったかのように、お店の厨房で仕事をして 夜遅くに帰宅して ダイニングで食事をとる。

 

まるでそこに私がいるかのように・・

自分の店を持つ夢をあえて封印して、私の死を受け入れることを拒否して。

もう未来を見なくなってしまったみたいに。私は心配で 心配で。

だからあの日からずっと、この家にいるの。ずっと圭ちゃんのそばにいるの・・つぐみさん ・・」

 

ここでつぐみは目が覚めます。まだ5時前ですが、圭吾も起きてきていました。以前よりうまく眠れなくなったというのです。

 

圭吾は目の前にリビングの景色に、いつも楓さんを浮かべていたのです。そしてつぐみは昨日見た、楓の夢の話をします。

 

つぐみ「本当にいいんですか、このままで。圭吾さんがお店を出すこと、楓さんの夢でもあったと思います」

涙を流す圭吾。

「・・本当は寂しくて・・さみしくて・・仕方ない。俺はどうしたら・・・」

 

つぐみ「圭吾さんの人生はまだ、続いてるんですよ・・」

スポンサーリンク

そしてつぐみは家の中の、いつも楓がいたというリビングのスケッチをはじめるのです。

つぐみ<圭吾さん どうか どうか 元気を出して。

私にできることなど、きっと何もない。それでも心から願う。

どうか圭吾さんが元気になりますように。過去を記憶の中にとどめて前を向けますように>

 

そしてつぐみは書き上げた、楓の絵を圭吾に渡すのです。

 

圭吾「この間話してくれたつぐみさんが見た夢。俺は多分その夢の中で、ずっと過ごしてたんだ。

言い訳っぽく聞こえるかもしれないけど、立ち直るにはそんな時間も必要なんだと思う。

俺もう一度お店のこと考えてみるよ。楓にも喜んでもらえるように。その時は樹さん、相談にのってもらいますか」

樹「もちろんです。待ってます」

 

爽やかな風が通り抜け、つぐみには楓の声が聞こえました。

「ありがとうつぐみさん。元気でね」

 

帰り道につぐみと樹は、自分たちの家も建てたいね・・という話に。樹にはもう設計図も用意してあります。

 

樹「俺 障害を持つ人の家を手がけるときはいつも、本人とその家族 両方の暮らしを大切にする設計を心がけてきた。

バリアフリー設計って、一言で言っても家族構成や障害の内容で 必要なものは様々だから正解はないけど。

俺だけじゃなく、つぐみや紘樹にとっても大事なものだって思ってる。自分の経験も生かして作っていきたいよ」

 

<私たちも 新しい夢に向かって 前を向いてゆこう>

 

なんと!!完結まであと!!2回!!とっても寂しいです・・・つぐみたち家族のこれからはがとっても気になりますが・・来月号はお休みで、次回は2月号に登場予定です !

—-パーフェクトワールド 最新 漫画 ネタバレ58話(KISS 2021年2月号)あらすじ・感想・考察へ—–

スポンサーリンク

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ